取引先マスタ

伝票を入力するには取引先マスタの登録は必須となります。
得意先や仕入先の会社情報を取引先マスタで一元で管理します。
取引先は取引先コードで識別し、取引先コードは得意先コードや仕入先コードとしても使用します。


 

一覧画面

メニュー画面より [システム共通] ⇒ [マスタメンテ] ⇒ [取引先マスタメンテ]の順にクリックします。


検索条件を入力して、登録している取引先を検索します。


ファイルから一括で登録や検索データの出力、取引先情報の新規登録や修正を行います。

検索結果

検索結果

得意先
得意先の場合に「■」を表示します。

仕入先
仕入先の場合に「■」を表示します。

取引先コード
取引先コードを表示します。

取引先名
取引先名を表示します。

取引先名かな
取引先名かなを表示します。

有効・無効
有効または無効状態を表示します。ボタンをクリックすることで、状態を即時に変更します。

検索条件

取引先コード
取引先コードが入力内容から始まるデータを検索します。

取引先名・略名・かな
取引先名、略名、かなが入力内容を含むデータを検索します。

有効・無効
選択した状態のデータを検索します。

詳細検索
クリックで上記項目以外の検索項目を表示します。

検索結果
クリックで検索結果を表示します。検索直後は自動的に開きます。

表示順-キー
検索結果の並べ替え順に使用するキー項目を指定します。

表示順-順序
表示順-キーの順序を指定します。

 

登録・修正画面

一覧画面より「登録」ボタンまたは「複写」ボタンをクリックします。

修正画面は「修正」ボタンをクリックします。


取引先情報を入力し、登録または更新で完了します。

マークが付いている項目は伝票入力ごとに個別修正することができます。

取引先コード
取引先情報を管理するコードを入力します。

取引先名
名称を入力します。

取引先名かな
仮名を入力します。
未入力の場合は取引先名の入力完了後に自動的に入力されます。

取引先略称名
略称を入力します。

郵便番号
住所の郵便番号を入力します。

住所
住所を入力します。

国名
住所の国名を入力します。
一部の国外向けの帳票に印字します。

取引通貨
取引に使用する通貨を選択します。選択する通貨を追加するにはレートマスタを登録します。

伝票登録後は変更できません。

国内・国外取引
取引先が国内取引先か国外取引先か選択します。

国外取引を選択すると消費税を課税できません。
伝票登録後は変更できません。

得意先情報

得意先使用チェック
チェックすると得意先情報を入力できるようになります。

請求先コード
売上対象の得意先と請求先がことなる場合、請求先となる取引先コードを入力します。

得意先部署
担当の部署を入力します。

得意先担当者役職
担当者の役職名を入力します。

得意先担当者
担当者の氏名を入力します。

敬称
取引先名または担当者の敬称を入力します。

電話番号
電話番号を入力します。

FAX番号
FAX番号を入力します。

担当者
自社の担当の社員コードを入力します。

取引形態区分
取引形態を選択します。

締日
売上伝票の締日を選択します。締日は3つまで選択できます。

入金予定日
入金予定日を選択します。入金予定日は締日に対応して3つまで選択できます。

単価ランク
見積、受注伝票、売上伝票の入力時に商品マスタに設定の標準売価1~5のランクからどの単価を適用するか設定します。

掛率
見積、受注伝票、売上伝票の入力時に標準売価に乗算する掛率を入力します。

単価表示区分
見積、受注伝票、売上伝票の入力時に得意先別単価マスタメンテで登録した単価を使用するかどうかを設定します。

商品マスタの『売上単価表示区分』が『使用』に設定している商品のみが有効になります。

内税外税区分
内税か外税を選択します。

消費税計上区分
消費税の計上単位を選択します。

消費税丸め区分
消費税の丸め方法を選択します。

与信限度額
得意先の売掛金の限度額を入力します。

限度を超えても売上の登録は可能です。

前回請求額
導入時直前の請求額を入力します。

天の蔵で最初に発行する請求書の前回請求額となります。

請求締切を行った後に前回請求額を変更すると過去のすべての請求締切の取消が行われます。

前回請求額(円転)
前回請求額を日本円に換算した金額を入力します。

取引通貨が日本円の場合は前回請求額と同じ金額を入力します。

前回売掛金
導入時の売掛残を入力します。

導入月の売掛残高一覧と得意先元帳の前回売掛残となります。

前回売掛金(円転)
前回売掛残を日本円に換算した金額を入力します。

取引通貨が日本円の場合は前回売掛残と同じ金額を入力します。

売上伝票採番区分
売上登録の際の伝票番号の採番方法を選択します。

請求書発行区分
請求額がゼロの場合の請求書の発行方法を選択します。

請求書入金明細印字区分
請求書に入金明細を印字するかどうかを選択します。

見積発行元
見積書の自社情報を発行元マスタから印字する場合に設定します。

注文請書発行元
注文請書の自社情報を発行元マスタから印字する場合に設定します。

納品書発行元
納品書の自社情報を発行元マスタから印字する場合に設定します。

請求書発行元
請求書の自社情報を発行元マスタから印字する場合に設定します。

インボイス発行元
インボイスの自社情報を発行元マスタから印字する場合に設定します。します。

社名
統一伝票の社名に印字する内容を入力します。

店名
統一伝票の店名に印字する内容を印字します。

社・店コード
統一伝票の社店コードに印字する内容を印字します。

分類コード
統一伝票の分類コードに印字する内容を印字します。

伝票区分
統一伝票の伝票区分に印字する内容を印字します。

取引先コード
統一伝票の取引先コードに印字する内容を印字します。

L欄
統一伝票のL欄に印字する内容を印字します。

メモ
得意先に関するメモを入力します。[Ctrl] + [Enter]で改行します。

仕入先情報

仕入先使用チェック
チェックすると仕入先情報を入力できるようになります。

支払先コード
仕入対象の仕入先と支払先が異なる場合、支払先となる取引先コードを入力ます。

仕入先部署
担当の部署を入力します。

仕入先担当者役職
担当者の役職名を入力します。

仕入先担当者
担当者の氏名を入力します。

敬称
取引先名または担当者の敬称を入力します。

電話番号
電話番号を入力します。

FAX番号
FAX番号を入力します。

担当者
自社の担当の社員コードを入力します。

取引形態区分
取引形態を選択します。

締日
仕入伝票の締日を選択します。締日は3つまで選択できます。

支払予定日
支払予定日を選択します。支払予定日は締日に対応して3つまで選択できます。

単価ランク
発注、仕入伝票の入力時に商品マスタに設定の標準買価1~3のランクからどの単価を適用するか設定します。

掛率
発注、仕入伝票の入力時に標準売価に乗算する掛率を入力します。

単価表示区分
発注、仕入伝票の入力時に仕入先別単価マスタメンテで登録した単価を使用するかどうかを設定します。

商品マスタの『仕入単価表示区分』が『使用』に設定している商品のみが有効になります。

内税外税区分
内税か外税を選択します。

消費税計上区分
消費税の計上単位を選択します。

消費税丸め区分
消費税の丸め方法を選択します。

前回支払予定額
導入時直前の支払予定額を入力します。

天の蔵で最初に発行する支払明細書の前回支払予定額となります。

支払締切を行った後に前回支払予定額を変更すると過去のすべての支払締切の取消が行われます。

前回支払予定額(円転)
前回支払予定額を日本円に換算した金額を入力します。

取引通貨が日本円の場合は前回支払予定額と同じ金額を入力します。

前回買掛残
導入時の買掛残を入力します。

導入月の買掛残高一覧と仕入先元帳の前回買掛残となります。

前回買掛残(円転)
前回買掛残を日本円に換算した金額を入力します。

取引通貨が日本円の場合は前回買掛残と同じ金額を入力します。

仕入伝票採番区分
仕入登録の際の伝票番号の採番方法を選択します。

支払書発行区分
支払予定額がゼロの場合の支払明細書の発行方法を選択します。

支払書支払明細印字区分
支払明細書に支払の明細を印字するかどうかを選択します。

注文書発行元
注文書の自社情報を発行元マスタから印字する場合に設定します。

支払書発行元
支払明細書の自社情報を発行元マスタから印字する場合に設定します。

PO発行元
POの自社情報を発行元マスタから印字する場合に設定します。

メモ
仕入先に関するメモを入力します。[Ctrl] + [Enter]で改行します。